PMSに効き目のあるスポーツはウォーキング!?

女性はPMSに悩んでいる方も多いと思います。とても悩ましい問題ですよね。実はあるスポーツがPMSの改善に効果があるのを知っていますか?そのスポーツとは、なんとウォーキングです。

有酸素運動はホルモンバランスを整える効果があり、それを最も手軽に行えるのがウォーキングなのです。PMSにとって運動不足は大敵です。

とはいっても、普段の忙しい生活サイクルに激しいスポーツを取り入れるのは、時間的にも体力的にもなかなか大変ですよね。

しかしウォーキングなら、少し工夫をすれば普段の何気ない動きにも取り入れられるのではないでしょうか!?

通勤のときに一駅手前で降りて歩いたり、エレベーターには乗らずに階段を選ぶ、など小さなことから始めていけばだんだん自然に習慣化されるのではないでしょうか。

また、わざわざ家に帰ってからウォーキングをする時間を設けるのはあまりオススメしません。

なぜかというと、雨が降ったり、他の用事が出来てしまったり、夜遅くなると道が暗いなどの理由からだんだんモチベーションが下がってしまって、結局元通りになることも少なくないからです。

習慣化したウォーキングをすることでPMSが軽減されるなら、こんなに嬉しいことはないです。

ぜひ皆さんも試してみてはいかがですか!?

pt1

ウォーキングの資格ってなに?

手軽に行える有酸素運動として知られているウォーキング。そんなウォーキングに資格があるのです。

様々な資格がある中でも、指導者として活動できるものとして、ウォーキング指導員や指導士などの資格があります。

これらの資格は、ウォーキングをアウトドアスポーツとして普及させ、社会貢献や活力寿命維持などを目的としています。

資格保持者となれば、全国の様々な大会への指導者としての参加や、地域社会貢献などで活躍することができます。

求められる役割としては、歩き方や楽しみ方などの指導や安全性の確保、教室開催やサークル活動などの普及活動が主となります。

ウォーキングは、健康づくりにおける運動として、男女問わず様々な年代の方が行うようになってきています。そのため、専門性を持った指導者が必要とされ始めています。

それと共に、身体の仕組み等を考えるメンタルトレーナーやスポーツインストラクターとしても、活動することが求められるようになるのではないでしょうか。分野は違えど健康という部分では共通点があります。

健康管理や体力作りなど、根本的なところは同じなのではないでしょうか。

歩くことは運動のベースとも言えます。根底を知ることにより、より深い指導を行うことができるようになるのではないでしょうか。

pt2

教室の講師に必要な事とは?

ウォーキング教室の講師に必要なこととは、大きく分けて2つあります。まず1つ目は駅に近い、あるいは、大きい道路に教室が接しているなど、交通のアクセスがいい場所を探すということです。

一見ウォーキング教室とは関係が薄そうですが、最低でも1時間のレッスンをすると、週に1回のレッスンだとしても、生徒のみなさんは疲労困憊になってしまいます。

そこから家に帰って、食事や家事の準備に追われるとなると大変です。このため、まずは生徒さん側の気持ちに建って、いい立地の教室を開くことを念頭に置く必要があります。

そして2つ目はウォーキングそのものです。ただ歩くだけでなく、効果的な姿勢のいい歩き方を常に意識して歩く必要があります。

講師が口で言っても、日常生活で使えなければ意味がありません。このため、生徒の皆さんには万歩計を渡して1日のノルマを設定します。

ウォーキング教室のレッスンがないときでも意識できるので、効果が見る見るうちに現れます。

そして達成できなかった人には、なぜ達成できなかったのかを逐一考えさせて生徒同士で意見交換の場を設けます。こうすることで、自分に対する甘えと、凝り固まった長年の生活習慣を見直させることができます。

これらのことを意識して講義するといいでしょう。

pt3

とある事情でウォーキングがやりづらいならコレ

なんだかんだで、ウォーキングが日常的に行うことができるようになればしめたものです。

ですが、冬の寒い時期にはやりたくない、雨の日はやりづらいといった事情も出てきます。

そういう場合は、目的によっては摂取するものに変更を加えるというのも良いですね。

漢方の生漢煎があなたの役に立ってくれる可能性があります。